FC2ブログ

パネルの同期

Zindaij4は任意にパネルの表示を変えられるので、同じパネルを複数配置することができるようになっています。
パネルに表示されているパラメータを同期する仕組みは、最初に作った少しややこしい仕組みと、あとから考え直した仕組みの2つが混在していたのですが、新しいほうに統一をしてすこしすっきりしました。



旧方法は、パラメータをパネルに表示するときに、自分がどのパネルから呼び出されているか…の情報をパラメータ側に登録していたのですが、機能はするけどプログラム的にちとややこしい!

新しいほうは、パラメータごとに、自分が更新されたら「どの種類の」パネルの表示を更新する、という情報を初期値に焼きこんでおくことにしたのです。
パネルから数値が更新されたら、もう一度自分を変更したパネルの表示が更新される、など無駄があるのですが、仕組みが単純で分かりやすい!こちらのほうが断然メンテしやすい!
(ある意味退化なのだけど)

パラメータの初期化の時に、更新パネルを間違えたりとか、ヒューマンエラーが起きることは予想されますが、初期値を直せばよいので、それは時間とともにつぶされてゆくでしょう…

※ wxWidgetsのパネル表示のレイアウト計算、ちょっと遅いんですよね。
パラメータの表示/非表示が変わると、レイアウトの計算に時間がかかって、発生するちらつきが微妙に長い。
もっと速くならないのかな…
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

takedatk

Author:takedatk
とりあえず2012年時点で1000万体のデータを無理なく扱えるようになれば、一応時代遅れにはならずに役に立つアプリになるのではないかと皮算用していますが。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR